特設セール
性病・細菌感染の薬TOP

クラビット100mg
合成抗菌剤(キノロン系)

クラビット 100mg商品画像
100mgはメーカーが製造を終了しました。
クラビット→250mg500mgがあります。



クチコミで50P!
100mgはメーカーが製造を終了しました。
クラビット→250mg500mgがあります。
[製品名]Cravit100mg
[一般名]レボフロキシサン
[製造元]Daiichi-Sankyo
[薬効分類]合成抗菌剤(キノロン系)
[日本名]クラビット錠
[内容量]10錠/シート(100錠以外はシート発送)
[ジェネリック薬]レフロキシン
[ジェネリック薬]レボクイン250mg
[ジェネリック薬]レフロキシン500mg
[ジェネリック薬]レボマック500
[関連薬]クラビット点眼液
[関連薬]クラビット250mg
[関連薬]クラビット500mg
[発送国]タイ(REG)

クラビットは、広範囲な抗菌作用を有する合成抗菌剤です。


クラビット 100mg



\4,300 => \4,085

製造中止
個人輸入ご利用の前に

クラビット効能
淋菌性尿道炎、非淋菌性尿道炎(クラミジア) 他

クラビット作用
クラビットはニューキノロン系といわれる合成抗菌剤で、グラム陽性菌、グラム陰性菌の両方に効力を示すので、内服はインフルエンザ菌、緑膿菌、細菌性赤痢、腸チフス、バラチフスや炭疽、ペスト、リケッチアなど、広く感染症に用いられます。

クラビット用法用量
一般的用法(成人)・・・1日250mg〜500mg。
尚、感染症の種類や症状によって適宜増減する。
※クラビット錠の服用は1日500mgまでとすること。
重症・効果不十分は、1回クラビット200mgを1日3回経口投与する。
腸チフス、バラチフス:1回クラビット100mgを1日4回、14日間経口投与する。

◎クラビット250mg、500mg錠について
欧米では、ニューキノロン系抗菌薬の抗菌作用は濃度依存性で、Peak値/MIC値が臨床効果に深く相関し、1回投与量を高め、投与回数を減らすほうが治療成績がよく、さらに耐性菌消失も良好と言われいます。そのため疾患に応じて1日1回500mg、又は1日1回250mgで用いられています。
投与は、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最低限の投与にとどめます。

クラビット使用上の注意
本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、β-ラクタマーゼ産生菌、かつアモキシシリン耐性菌を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること。

クラビット併用禁忌


クラビット主な副作用


▲トップへ
性病・細菌感染の薬TOP
カテゴリー一覧
ご利用案内
アイドラッグマートTOPへ
商品名、成分名検索
ログイン(マイページ)
無料会員登録
カートを見る
再入荷商品
アイテム検索

All Rights Reserved
By
©医薬品個人輸入アイドラッグマート