ホーム > 医薬品 > 性病・細菌感染の薬(病名別)

性病・細菌感染の薬(病名別)

ニキビでお悩みの方はコチラ

淋菌性尿道炎(淋病)※淋病の症状はコチラ

クラビット
SSA淋病検査キット
SSA淋病検査キット

自宅で淋病の検査が出来るキットです。

詳細へ
クラビット 100mg(ニューキノロン系合成抗菌剤)
クラビット100mg

細菌を殺菌するお薬です。細菌が原因のいろいろな病気に用います。

詳細へ
オーグメンチン 375mg
Augmentin375mg
(オーグメンチン)

複合抗生物質オーグメンチン375mg(淋菌感染症などの治療薬)

詳細へ
オーグメンチン 625mg
Augmentin625mg
(オーグメンチン)

複合抗生物質オーグメンチン625mg(淋菌感染症などの治療薬)

詳細へ
仕切り
アモキシクラブ 375mg
Amoksiklav375mg
(アモキシクラブ)

オーグメンチン375のジェネリック医薬品

詳細へ
アモキシクラブ 625mg
Amoksiklav625mg
(アモキシクラブ)

オーグメンチン625のジェネリック医薬品

詳細へ
オーグクラブ (抗生剤)
オーグクラブ

オーグメンチンのジェネリック薬です。

詳細へ
バナン100mg(セフェム系抗生物質)
BANAN100mg
(バナン100mg)

セフェム系の抗生物質で、副作用も少なく安全性も高いと言われています。

詳細へ
仕切り
シプロキシル(ニューキノロン系合成抗菌剤)
Ciproxyl(塩酸シプロフロキサシン)

細菌が原因のさまざまな病気に用います。シプロベイのジェネリック薬です。

¥4,655

詳細へ
ジーマックス(アジスロマイシン)
ジーマックス(アジスロマイシン2g)

日本で販売されているジスロマックSR成人用ドライシロップ2gと同内容の商品です

詳細へ
アンピシン500mg(抗生剤)
アンピシン500mg

細菌にのみ働きかけるので副作用も少なくて安全性が高い抗生剤です。

詳細へ
メガクロックス(メガペンのジェネリック薬)
メガクロックス

アンピシリンとクロキサシリンの複合剤です。メガペンのジェネリック薬です。

詳細へ
仕切り
ジンナット250mg
ジンナット250mg

細菌が原因のいろいろな病気に用います。セフェム系の第2世代の抗生物質です。

詳細へ
仕切り
ページトップへ
ジスロマック
クラビット 100mg(ニューキノロン系合成抗菌剤)
クラビット100mg

細菌を殺菌するお薬です。細菌が原因のいろいろな病気に用います。

詳細へ
SSBクラミジア検査キット
SSBクラミジア検査キット

クラミジアの感染を自宅で簡単に検査出来るキットです。 

¥3,648

詳細へ
トダシン300mg(抗生剤)
トダシン300mg

クラミジアなどのSTDや扁桃炎や咽頭炎、気管支炎、中耳炎などの治療に効果を発揮します。

詳細へ
ジーマックス(アジスロマイシン)
ジーマックス(アジスロマイシン2g)

日本で販売されているジスロマックSR成人用ドライシロップ2gと同内容の商品です

詳細へ
仕切り
モキシプ(アベロックスのジェネリック薬)あ
モキシプ

ニューキノロン系の抗菌剤で、細菌などの増殖を阻害することにより抗菌作用を示します。

詳細へ
カリシン(クラミジア治療)
カリシン

クラミジア菌のほかグラム陽性菌やピロリ菌に対する抗生物質です。

詳細へ
仕切り
ページトップへ
イビアモックス
ユナシン375mg
Unasyn
(ユナシン375mg)

大腸菌、インフルエンザ菌、梅毒、淋菌 など陰性菌に有効と言われています。

詳細へ
ジンナット250mg
ジンナット250mg

細菌が原因のいろいろな病気に用います。セフェム系の第2世代の抗生物質です。

詳細へ
仕切り
ページトップへ

ヘルペス(帯状疱疹)※ヘルペスの症状はコチラ

バルトレックス
ゾビラックス眼軟膏
ゾビラックス眼軟膏

ヘルペスウイルスが引き起こす角膜の炎症の治療に用いる薬です。

詳細へ
バイラームクリーム (ヘルペス治療)
バイラームクリーム

ゾビラックス軟膏と同成分の医薬品です。帯状疱疹や性器ヘルペスなどの治療に用いられます。

詳細へ
アシビルクリーム(アシクロビルクリーム)
ACYVIR cream
(アシビルクリーム)

帯状疱疹や水ぼうそう、性器ヘルペスなどの治療に。ゾビラックス軟膏のジェネリック医薬品。

詳細へ
仕切り
ページトップへ
ファシジン 500mg (抗トリコモナス剤)
Fasigyn(ファシジン)

トリコモナス原虫に対し、殺虫的に作用する抗トリコモナス薬です。

詳細へ
フラジール 400mg(抗トリコモナス剤)
Flagyl(フラジール)400mg

フラジールはトリコモナス症に第一選択される特効薬です。

詳細へ
メトロニダゾール200mg(抗トリコモナス剤)
メトロニダゾール200mg

フラジールはトリコモナス原虫を死滅させるお薬です。

詳細へ
メトロジール(抗菌剤)
メトロジール

抗トリコモナス剤メトロニダゾールのシロップタイプです。

¥2,660

詳細へ
仕切り
ページトップへ
ヴァギシン
SSCカンジダ検査キット
SSCカンジダ検査キット

女性の膣の分泌物から性器カンジダ症の感染を自宅で簡単に検査出来るキットです。

詳細へ
ニゾラール錠 200mg(抗真菌剤)
ニゾラール

ニゾラルの有効成分であるケトコナゾールは真菌の細胞膜を破壊し、殺菌的に作用します。

詳細へ
カンジタ・イースト
カンジタ・イースト

素早く溶ける使い勝手の良い錠剤で、素早く効果的にイースト菌感染症に伴う症状を緩和。

¥3,553

詳細へ
モニスタット7
モニスタット7

ほとんどの膣内イースト菌感染症を治療し、 外面のかゆみや炎症を緩和します。

¥3,648

詳細へ
仕切り
ミコナゾール7
ミコナゾール7

ほとんどの膣内イースト菌感染症を治療し、 外面のかゆみや炎症を緩和します。

詳細へ
カナゾール膣錠 (カンジダ症状)
カナゾール膣錠

膣内に用いる、投薬が1回タイプのカンジダ治療膣錠です。

¥2,375

詳細へ
トラボゲン腟錠(イソコナゾール硝酸塩)
トラボゲン腟錠

女性の膣の奥で繁殖しているカンジダ菌に対しても有効に働き、抗真菌効果を発揮!

詳細へ
トラボゲンクリーム(カンジダ治療)
トラボゲンクリーム

真菌の増殖を原因とするおりものやかゆみ等を抑えます。

詳細へ
仕切り
カミシン(クロトリマゾール膣錠)
カミシン(クロトリマゾール膣錠)

真菌に有効な抗真菌薬で,真菌の増殖を原因とするおりものやかゆみ等を抑えます。

¥2,375

詳細へ
スターダ500(膣カンジダ症)
スターダ500

スターダ500は投薬回数が1回タイプの治療薬です。

¥2,470

詳細へ
ダーマコンビンクリーム(カンジダ治療)
ダーマコンビンクリーム(ナイスタチン配合)

真菌の増殖を原因とするおりものやかゆみ等を抑えます。

¥2,850

詳細へ
ミゾコ200mg(カンジダ治療)
ミゾコ(ケトコナゾール)

抗真菌剤ニゾラールのジェネリック薬です。

¥2,945

詳細へ
仕切り
ミコナゾールクリーム
ミコナゾールクリーム

ミコナゾールクリームは、白癬(水虫)やカンジダ症の治療に使用されます。

¥2,185

詳細へ
ジフルカンジェネリック (フルコナゾール)
ジフルカンジェネリック

特にガンジタやクリプトコッカス真菌に効果を発揮します。

¥2,565

詳細へ
仕切り
ページトップへ

ケジラミ・シラミ・疥癬※ケジラミの症状はコチラ

リンデン1%クリーム(毛じらみ 治療・駆除)
ONOX
(リンデンクリーム)

米国を中心にシラミ、疥癬の治療に世界中で用いられてます。

詳細へ
リンデンローション
リンデンローション

シラミや疥癬の治療に。ローションタイプの駆除剤です。

詳細へ
ジャクティンジェル(毛じらみ治療・駆除)
Jacutin Gel
(ジャクティンジェル)

毛ジラミ治療のジェルです。

詳細へ
Hafif ハフィフ (シラミ駆除シャンプー)
Hafif(ハフィフ)

Hafif(ハフィフ)は、頭しらみを駆除する駆除専用のシャンプーです。

¥2,850

詳細へ
仕切り
ページトップへ

性感染症(STD)の種類と主な症状

 

淋病とは?

淋病は淋菌による感染症のひとつであり、治療方法としては抗生物質の服用が一般的に行われています。
特に1週間から2週間程度抗生物質を飲み続けることによって、不快な症状をしっかりと取り除くことができます。
淋病は命にかかわるような性感染症ではないものの、長期的に治療を放置している場合に不妊症を招くことがあります。
また、痛みやかゆみなどによって日常生活を送ることもままならなくなるケースもあるために、早期に治療することをオススメします。
淋病に対する薬剤は複数存在するために、副作用などを考慮して使用してください。
@オススメ 淋病の治療薬@
クラビット500mgクラビット250mgアモキシシリンイビアモックス
ページトップへ

トリコモナスの症状・原因

トリコモナスの症状・原因は、男性も女性もかかる可能性のある物で、男性の場合には排尿時に痛みを感じたり、 尿道炎症を起こすことがありますが、女性の場合には症状が出ない状態のままとなる事も多いです。
女性の病識としては、外陰部のかゆみや刺激感、泡状の臭いの強いおりもの等が症状として挙げられますので、普段から注意をしておくと、感染時にすぐに気づく事が出来ます。
また、原因としては、トリコモナス原虫に感染をしてしまった事が原因となります。性行為以外での感染の可能性もあり、下着やタオル、浴槽から感染する可能性もあります。
この病気の治療方法・期間は、男女で差がある訳では無く、10日程と言われており、トリコモナスに効果のある薬を服用する事となります。
尚、この時、女性が妊娠中の場合には膣剤を用いる等の手段を用いて治療します。
感染したパートナーがいる場合には、どちらか片方が感染してしまった場合、治療を片方のパートナーが終えていたとしても、感染する可能性がある為、出来る限り感染する事の無いように、男女共に治療を受けるのが無難です。
医療機関へ行くと、検査を行って貰う事が可能で、感染をしていないかどうかの確認を行う事ができます。
@オススメ トリコモナスの治療薬@
ファジシンヴァギシン膣錠ジノジュナ
ページトップへ

尖圭コンジロームの症状・原因

尖圭コンジロームはヒトパピローマウィルスによる感染症のひとつであり、感染をした場合には陰部にいぼのようなできものが発生することがポイントとなっています。
尖圭コンジロームの治療方法としては電気メスなどを用いて患部を焼き払うことが一般的に行われています。
尖圭コンジローマにり患した場合にはそれほど強い痛みやかゆみはないものの、外見上いぼのようなできものが出来ることで簡単に分かります。
また、最近では子宮頸がんなどとの関係性も指摘されるようになっており、出来る限り早期に治療を始めることが求められています。
@オススメ 尖圭コンジロームの治療薬@
アルダラTMクリームイミキアド
ページトップへ

カンジタとは?

症状は陰部のかゆみや白い塊があつまるなどのものがあり、早期にしっかりと改善を行うことが求められています。
治療方法としては一般的に真菌を殺すための薬を処方してもらうことが望まれています。
インターネット上でもカンジタの治療法についての情報が数多く掲載されております。
カンジタは不妊症の原因となることがあるために、なるべく早いうちから治療に励むことが求められています。
カンジタになりやすい体質の人にとっては日常生活の中で毎日の生活習慣をしっかりと見直すことが望まれています。
@オススメ カンジタの治療薬@
ニゾラールニゾラール軟膏ジフルカンヴァギシン膣錠
ページトップへ

ヘルペス(帯状疱疹)について

へルペス ウイルスというウイルスが症状・原因となっており、皮膚や粘膜等に感染し、水膨れのようなものができてしまう病気の事です。
主に唇や性器等にできてしまう事が多いとされており、感染した場合には、治った後も人の細胞の中に隠れているため水痘すいとう・帯状疱疹たいじょうほうしんウイルスと同様に、一度感染すると一生涯完治する事ができない病気です。
へルペスには種類があり、水ぼうそう等のウイルスや、唇などにできやすい1型のウイルスと2型のウイルスとがあります。
ウイルスの種類によって治療方法・期間は変化しますし、治療薬等も異なります。
適した場所のウイルスに効果のある薬を服用しなければ治療はとても困難となってしまうので、できれば医師に相談をし、早い時期に治療を行うのが無難です。
完治する事ができない病気ですが再発を予防することでウイルスが細胞の中に隠れていたとしても症状として表に二度と出さないことも可能です。
再発率が高い場合には、再発率がなぜ高いのかということについて医師に相談する事も可能ですし、医師に質問をしておけば、再発の防止策を提案してもらえる可能性もあります。
唇のヘルペスの場合には、塗り薬や飲み薬等の種類があり、治療までには薬を使用した上で、約一週間程度が目安となっているのが一般的です。
@オススメ ヘルペスの治療薬@
バルトレックスゾビラックス錠バルシビルゼビン
ページトップへ

ケジラミ・シラミ・疥癬の症状・原因

日本国内では戦後には随分と毛ジラミを抱えている人が減っていたものの、いろいろな理由が重なったことによってふたたび毛ジラミが猛威をふるっている状況にあります。
特に陰部に症状が出た場合にはとてもかゆいために、夜に眠ることもできないケースもあります。
症状・原因としては性行為などの際にパートナーから感染したり、ペットなどの世話を行っているときに移ってしまうことがあります。
症状は猛烈なかゆみが一般的であり、個人差が大きいことでも知られています。
皮膚科クリニックが近くにない場合には内科でも対応していることがあります。
治療に際しては薬剤が用いられることがあり、衛生状態を保つために剃毛などがすすめられるケースも増えています。
毛ジラミに悩む期間は人それぞれ異なっていることが特徴となっています。
@オススメ ケジラミ・シラミ・疥癬の治療薬@
ジャクティンジェルリンデンクリームリンデンローションハフィフ
ページトップへ

梅毒について

梅毒はかつて日本国内においてとても恐れられていた性感染症のひとつであり、エイズが取り上げられるまでは最も致死率の高い性感染症として知られていました。
梅毒はかつては不治の病とされていたものの、20世紀に突入してペニシリン系の薬剤が普及したことによって、梅毒の症状の進行を簡単に抑えることができるようになっています。
梅毒はもはや不治の病ではなくなっているものの、治療が遅れることによって脳や身体に深刻なダメージが加わることもあります。
@オススメ 梅毒の治療薬@
アモキシシリンイビアモックスチャンピロックスセブロックス
ページトップへ